フリーランスになったら新たに作っておきたい印鑑

会社員が仕事で印鑑を使う場合、何人かのチェックが入って全員が判を押さないと正式なものにはならず、そういった意味ではプレッシャーは少ないですが、フリーランスが判を押す場合、その時点で成立することになるので慎重さが求められます。責任感を印鑑に込めようと、フリーランスになると三文判ではなく高価な印鑑を購入する人も少なくありませんが、フリーランスが印鑑を購入したり、利用する場合の注意点にはどのようなものがあるでしょうか。

まず、実印を作らないといけないのではと考える人がいますが、実印は仕事ではまったくといっていいほど必要はありません。

産経ニュースサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

厳密にいうと、実印を作るというのは既存の印鑑を役所に持っていて印鑑登録を行うということです。なので、この届け出は特に必要ないということです。印鑑登録をしてもいいですが、たとえば、仕事の契約などで実印を押していくと悪用される可能性がゼロではありません。



契約書に押す印鑑は実印でなくてはならないという決まりはないので、普通の印鑑で構わないのです。



ただ、三文判は貧弱だという場合は、大きめの印鑑を作るといいでしょう。

篆書体と呼ばれる自体でフルネームを入れれば、名字だけの三文判とは比べものにならないほど、どっしりとした印象の印鑑になります。契約書に押しても格好をつけられるでしょう。
料金は印鑑自体の素材によりますが、水牛の角でできたものであれば、数千円程度で作ることができます。